クラブ世界一!!

自分の趣味の話を管理人せつながただ書きなぐるブログ
管理人のイチ押し!
2008/12/23(火)
FIFAトヨタ・クラブワールドカップ
12月21日()【M7 M8】


【M7】3位決定戦 横浜国際総合競技場 62,619人
パチューカ(メキシコ)  0 - 1  ガンバ大阪(日本)

【得点】
G大阪:29'山崎
パチュ:なし
【警告】
G大阪:82'山崎 89'藤ヶ谷
パチュ:6'ロドリゲス 15'カレロ 79'ロペス
【退場】
G大阪:89'二川
パチュ:なし

【戦評】
前半から両者ともに攻めるもののフィニッシュの精度を欠きゴールが生まれない、
15分にはパチューカGKのカレロがペナルティエリア外で手を使いハンドをとられる。ゴール真正面からのFKを遠藤が蹴るもののゴールは枠を捉えることができなかった。すると前半29分播戸が相手陣内中央でボールを受けるとそれをダイレクトでDFラインの裏に放り込むと最後は山崎が冷静に決めガンバが先制点をとる。
後半も両チームともに攻めるもののフィニッシュの精度を欠いてゴールがなかなか生まれない。後半ロスタイムには途中出場の二川が一発レッドで退場となったが、ロスタイムも守りきったガンバが世界3位の称号を手にした。 
 
【M8】決勝 横浜国際総合競技場 68,682人
リガ・デ・キト(エクアドル)  0 - 1  マンチェスター・ユナイテッド
【得点】
キ ト :なし
マンU:73'W・ルーニー
【警告】
キ ト :2'ビエレル 36'カンポス 44'セバージョス 66'カジェ 71'アラウーホ
マンU:70'アンデルソン
【退場】
キ ト :なし
マンU:49'ヴィディッチ

【戦評】
前半から打ち合いとなった両チームの対戦となった。10分にルーニーがシュートをしたのを皮切りにマンUも攻め立てる,C・ロナウドも普段見せるような突破ではなく、今回は引き立て役立ったガンバ戦よりも少し下がり気味にポジションを取り左右にボールを振って幾度と無くチャンスを作った。 両チームともシュートを打つものの,互いにDF、GKが懸命に弾き返し前半を0-0で終える。
後半開始直後にマンUに悲劇が訪れる。ヴィディッチが、相手選手に肘討ちをしたとして一発退場になってしまう。マンUはここでテベスに変えてエバンズを投入し、DF陣の修正を図る。するとマンUが押し気味だった試合は一変しキトのペースに。18分にはマンソが強烈なシュートを打つが、ここはGKファンデルサールの好セーブに阻まれた。しかしマンUは後半28分にゴール正面で受けたC・ロナウドが左から走りこんできたルーニーにパスを出すと、これをきっちりとダイレクトで決めた。
結局これが決勝点となり、見事マンUが世界一の座に輝いた。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright A S R FC. All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド