A S R FC.2008年12月19日

自分の趣味の話を管理人せつながただ書きなぐるブログ
管理人のイチ押し!
2008/12/19(金)
とりあえず明日の理想的なスタメン  

   11    17 
  
      14     
                
13          7   
               
   30    6 

 22    3    4

      1 
 

GK1 榎本哲也
DF22 中澤佑二
DF3  松田直樹
DF4  栗原勇蔵
MF30 小椋祥平
MF6 河合竜二
MF7 田中隼磨
MF13 小宮山尊信
MF14 狩野健太
FW11 坂田大輔
FW17 兵藤慎剛

sub
GK31 飯倉大樹
DF26 田中裕介
MF29 長谷川アーリアジャスール
MF18 清水範久
FW15 大島秀夫
FW37 齋藤学
FW38 キム・クンファン

これはかなりの理想だが1番安定が図れると思われる 
 
やってほしいのは小椋,河合,松田がボランチを状況に応じて変わりながらポジションを取ってほしい 
 
河合がCBに入ってマツとオグの2ボランチでも面白くなりそう 
 
なんにせよ明日は勝つ 
 
でも家BS映らないよ~ 
 
また満喫かな?かな? 
 
 
一人一人の気持ちを合わせて 
辿り着こうぜ最高の場所へ 
戦おう皆で~横浜F・マリノス   
俺がやってやるって気持ちが大事さ
スポンサーサイト
2008/12/19(金)
FIFAトヨタ・クラブワールドカップ
【M6】準決勝
横浜国際総合競技場 19:30Kick off 67,618人
ガンバ大阪   vs   マンチェスター・ユナイテッド
(日本・ACL優勝)    (英国・UEFA CL優勝)


ガンバ大阪  3 - 5  マンチェスター・ユナイテッド
【得点】
G大阪: 74'山崎 85'遠藤(PK) 89'橋本
マンU: 28'ビディッチ 44'C・ロナウド 75'79'W・ルーニー 78'D・フレッチャー
【警告・退場】
G大阪:89'山口
マンU:74'W・ルーニー

【選評】
前半互いに攻めるものの決定機ををものにできずに30分が立とうとしたが、28分にビディッチがCKを頭で合わせると前半ロスタイム残り10秒足らずのマンUのCKから最後はC・ロナウドが頭で押し込み前半を2-0で折り返す。
エンドが変わった後半立ち上がりからガンバが攻め、マンUゴールに襲い掛かる。安田の左サイドの突破からチャンスを作るもマンUのDF陣に跳ね返されてしまう。2-0のマンU優位の中74分ルーニーがテベスに替わって入った直後に大きなサイドチェンジから最後は山崎に決められ2-1遂に1点差に迫られる。このゴールでマンUを本気にさせた。直後のリスタートからわずか10数秒でルーニーに決められると、3分後にはフレッチャー,そしてルーニーが2点目を奪い5-1。
対するガンバは85分に安田のサイド突破から相手ペナルティエリア内でハンドを誘いPKに。これをきっちりとPK職人遠藤が決めると、後半ロスタイムに橋本のダイレクトシュートが決まり5-3。
このまま試合は終了、ガンバは過去3年間欧州クラブの準決勝無失点記録を止め、マンUを上回るシュートを浴びせ、攻撃のガンバを世界に見せ付けた。
ガンバ大阪は21日にパチューカとの3位決定戦に回る



正直こんな打ち合い久しぶりに見たなぁ・・・

 | Copyright A S R FC. All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド